白髪染め 成分

白髪染めの注意すべき成分とは?

白髪染めの注意すべき成分とは?

美容室で使われている白髪染めの中には、「髪の細胞を開く成分」と「色味を入れる成分」の二つが入っています。髪の細胞を開くと聞くと難しく思いますが、髪の毛にはもともと色素があります。

 

その色素から色味が抜ける事で、白髪になってしまいます。色素の細胞を一度開き、そこに色味を入れるというのが、美容室での白髪染めの仕組みです。

 

ここで気をつけたいのが、色素の細胞を開く成分です。

 

これは非常に髪にダメージを与えやすく、成分や栄養分が抜けてしまう悪影響があります。開いた細胞に色味を入れるので、白髪はキレイに染まるのですが、その時に水分や栄養分が抜けてしまいます。

 

そのダメージを抑えるために、色味の成分に栄養やトリートメントが入っていて、髪を補いながら美容室でも染めてくれるのですが、やはりカラーリングで一度痛んだ髪はパサパサで栄養不足になりがちです。

 

白髪がキレイに染まる反面、髪の毛の栄養も抜けてしまっているのです。

 

これは、市販で売られているカラー剤も同じ仕組みです。むしろ、市販のカラー剤は誰でも簡単に染めれる
ように、少し薬が強めになっている場合があります。放置時間が長くなるなど、使い方を間違えると、必要
以上にダメージを与えることになってしまうかもしれません。

 

髪のダメージは気になるけど白髪は何とかしたいという人には、
白髪染めトリートメントがおすすめです。

 

白髪染めトリートメントは、基本的にトリートメント成分なので髪の色素の細胞を開くといった成分は
入っていません。髪の中に栄養や水分を取り込むトリートメント本来の仕組みの中に、白髪を染める
効果が加わったものになります。

 

ですので、白髪を染める際に髪に与えるダメージがほとんんどない事になります。

 

カラーリングに比べて色味のバリエーションは減りますが、髪をいたわりながら白髪を染める事ができます。
アレルギーや敏感肌でカラーリングが出来ない人でも使えるものなので、ぜひ一度試してみてください。

 

おすすめの白髪染めトリートメントはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ