白髪染め おしゃれ染め

白髪染めとおしゃれ染めって何が違うの?

白髪染めとおしゃれ染めって何が違うの?

 

白髪染とおしゃれ染めの成分や仕組みには、少し違いがあります。

 

分かりやすくいうと、白髪染めは色素のない髪の毛に色味を入れる染め方。
一方おしゃれ染めは、黒髪の色を一度脱色して色味を入れる染め方です。

 

どちらも1剤のアルカリ剤と2剤の酸化剤を混ぜ合わせてカラーリングしていきます。
白髪染めの場合は、1剤に含まれるアルカリの成分で髪の毛の細胞を開いて、そこに色味を入れていきます。

 

おしゃれ染めの場合は、これに脱色剤も含まれるので、髪の毛の細胞が開いてから一度
もとの色味を抜きます。そこに染料が入って初めて髪の毛が染まります。

 

白髪染めは白髪ではない黒髪も染めるのですが、この時黒髪の色素を抜かずに染めていきます。
つまり、白髪以外の場所は土台の黒い色に色を重ねていく事になります。
白髪染めがおしゃれ染めのように明るい髪に染められないのはこのためです。

 

 

おしゃれ染めの際に、元の髪の毛の色味が抜けるスピードには個人差がありますので、
放置時間が人によって長かったり遅かったりします。
塗った後は、染めたい希望の色味になるまで、放置時間を調節します。
しかし、白髪染めの場合はもともと色素がない状態で色味を入れていくので、放置時間が
だいたいみなさん均一です。時間を置いてもそこまで明るくなりすぎないのも白髪染めの特徴です。

 

 

染め方は違っても、何度も繰り返す事で髪の毛にダメージを与えるのはどちらも同じです。

 

水分や栄養分が失われてパサパサにならないように、なるべく染める回数を減らしたり、
トリートメントで髪を補う必要があります。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ