白髪染め メカニズム

白髪染めはなぜ染まるの?【白髪染めのメカニズム】

白髪染めはなぜ染まるの?【白髪染めのメカニズム】

白髪染めのメカニズム

美容室や市販で売られている白髪染めは、基本的に1剤と2剤があり、これを混ぜ合わせたものを
髪に塗っていきます。1剤は染料で、色味が入っています。これはアルカリ性になります。

 

このアルカリ性によって、髪の毛の内部の細胞が開かれます。2剤は酸化剤といって、染料を
髪の内側に定着させる効果があります。

 

染料は酸化剤と合わさる事で色味を発色させることができます。
1剤と2剤が合わさって、初めて白髪染めの効果を発揮するのです。
髪の毛にはもともと色味の細胞があるのですが、白髪の場合はこの細胞の中身がなくなってしまっている
状態です。ですので染料の色味がとても入りやすい状態になります。

 

1剤のアルカリで細胞が開いたところに、染料の色味が入って、時間を置けばおくほど色身は濃くなって
いきます。あまり濃い色にしすぎないためには、時間を守って置きすぎないことが大切です。

 

白髪染めは簡単に白髪を染める事ができて便利ですが、使い続ける事で髪の毛はどんどん傷んで
いきます。髪の毛は本来酸性です。白髪染めの1剤はアルカリ性なので、使い続けると髪の毛が
どんどんアルカリに偏っていってしまいます。
白髪染めのたびに細胞が開かれ、その都度髪の毛の栄養分、水分、タンパク質が流れ出てしまいます。
栄養や水分が失われた髪の毛は、潤いがなくなってパサつきやすく、毛が細くなりがちです。

 

白髪染めの場合は、染めた後に生えてくる白髪が目立ちますね。
ですので、普通のカラーリングよりも染める回数が多くなって髪の毛が痛みやすいです。

 

ダメージやパサつきが気になる人には、カラーリングによる白髪染めを使い続けることは
あまりおすすめできません。ダメージのかからないカラーリング方法や、トリートメントタイプの
白髪染めもありますので、違う方法で白髪を染めるようにしてください。白髪がキレイに染まっても、
パサパサの髪の毛ではもったいないですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ